売掛金回収の重要性

私達が事業を営む経済社会は、信用社会すなわち「取引先や顧客を基本全て信用する」相互姿勢を前提に成り立っています。それは飲食店を訪れる来客は、退店時に請求額を当然支払ってくれるとの「信用」あればこそ、オーダーに応じたメニューを提供しています。あるいは公共苦痛機関に関しても、ダイヤグラムに示された通りに発着から、確実に目的地に運んでくれるとの信用あればこそ、予約や前売兼購入が出来るのです。

こうした信用は事業所同士すなわち企業間に於いても同様です。大きな金額の取引に会しては、その都度の現金決済ではなく、売掛に対する指定期日の決済なる「信用取引」が中心となっています。その都度の現金決済に際しての時間労力のカットのみならず、繰り返される作業が生じさせるケアレスミスの抑制効果も含め、所定の締日に対しての支払期日を双方合意の上で設定から、互いが確実にメリットを得られる取引環境が構築されています。

ところが何らかの理由で支払期日を過ぎても入金が確認出来ないケースが、予期せず生じるのもまた経済社会の現実です。何らかの事由で決済が困難となった場合、相手先が謝罪と状況説明を速やかに届けてくれるとは限りません。いきなりの強引な督促は良好な関係の崩壊に繋がり、自社側にとってもデメリットが否めず、繰り返しの督促には慎重を期ずを得ない状況下、結果大切な売掛金回収が叶わぬ状況のまま、時間だけが経過してしまう展開が水面下で後を絶たないのも、私達が暮らす経済社会の一面です。ここでは大切な売掛金回収方法に窮した際に、弁護士に相談から依頼する選択肢と、そのメリットについてご説明申し上げます。